HOME > いまの様子

いまの様子

バラ園・薔薇の轍(わだち)のいまの様子をお知らせします。

つるバラの剪定、誘引が始まりました。

掲載日 2018年12月13日
オールドローズ園の奥のフェンスの剪定後の様子です。
アーリーモダンローズのエリアです。

まだ蕾の残る【ラ・フランス】の奥の、オールドローズエリアのアーチは剪定、誘引が終わっています。
モダンローズのエリアのフェンスのつるバラも剪定・誘引が済みました。

が、奥に見える【ノックアウト】の花はまだかなりきれいに咲いています。
モダンローズのエリアの名残のバラ花壇から見える、パーゴラのつるバラ【スパニイシュ・ビューティ】と【ジャスミーナ】も剪定されて、すっきりしました。
イングリッシュローズのエリアの出口のアーチのイングリッシュローズのシュートも誘引されました。
オールドローズのオベリスクの足元にある【チャーニーズホーリー】です。

別名クリスマスホーリーとか西洋ヒイラギの名で流通していますが、節分に鬼避けにつるすヒイラギ(モクセイ科)とは違い、モチノキ科の常緑樹です。

赤い実がたくさんついて、濃い緑の葉に映え、クリスマスの名にふさわしいですね。

ページトップへ戻る

季節との競争ですが、大きくて香りの良い花がまだ、咲いています。

掲載日 2018年12月1日
オールドローズのエリアの様子です。

たくさん付いていた2番花の開花が間に合いました。

特に色がよく出ていて、美しいです。
アーリーモダンローズのエリアの【ラ・フランス】です。

まだ、たくさんの蕾が上がっていて、開いている花は大きくて見事です。

できれば皆咲かせてあげたいところです。
モダンローズのエリアの様子です。

花数も木々のボリュームも12月とは思えないほどです。
クライミングとシュラブローズのエリアの様子です。

変わらず、この時期としてはかなり賑やかな状態です。

今月末には、冬季剪定と誘引を始たいのですが。。。
イングリッシュローズのエリアを出口から見た所の様子です。

シュラブローズたちはまだ、良く伸びていて春のような花を咲かせています。
バラ園園路の近年の作出品種のエリアの1本【プリンセス・シビル・ドゥ・ルクセングルグ】(2010年作出)の花です。

得も言われぬ、独特の美しい色です。

ページトップへ戻る

←前の記事はこちら  次の記事はこちら→