HOME > いまの様子

いまの様子

バラ園・薔薇の轍(わだち)のいまの様子をお知らせします。

秋バラに向けて、剪定後の新芽が伸びています。

掲載日 2018年9月20日
オールドローズのエリアのチャイナ系のコーナーです。

剪定後の新芽の赤い色が目立ち始めました。
モダンローズのエリアの様子です。

オールドに比べると芽の伸びは遅いようですが、じきに追いついて10月にはそろうと思います。
モダンローズの【ノックアウト】です。

きれいに刈り込まれた枝も、芽が吹いています。
イングリッシュローズのエリアのパーゴラ周りの様子です。

シュラブ系のバラは、少し早めに剪定してあります。

香りのバラのエリアの様子です。

勢いのよい芽が出揃っています。
香りのバラの一株。

ずいぶんとよく芽が伸びています。

ページトップへ戻る

夜温が下がり始めて、秋バラのための剪定に入りました。

掲載日 2018年9月1日
オールドローズのエリアです。

奥の四季咲き性のコーナー、左側は剪定が入り、右側のティ系はこれからです。

パンパスグラスの穂やシュウメイギクの花があがって、秋らしくなってきました。
アーリーモダンローズのエリアです。

剪定はこれから。夏咲きの宿根草が終わり、秋咲きの花茎が上がり始めました。
モダンローズのフレンチローズのエリアです。

こちらもこれから剪定です。

グランドカバーの宿根草も涼しくなって、一息つけた様子です。
ツルバラとランブラーローズのエリアです。

高温で紫外線の強かった夏に耐えて、伸びがやや悪いですが、木肌が硬くしっかりした気がします。

四季咲きの品種は剪定が入ります。

イングリッシュローズのエリアです。

シュラブなので四季咲き性にバラツキがあるため先に品種を選んで、剪定に入っています。

写真のパーゴラ周りはほぼ終わっています。
香りのバラのエリアです。

四季咲き性の強い品種ばかりなので、これから全部切り戻します。

夏の間にずいぶん背が伸びて、花の位置がだいぶ高くなっていますね。

秋にはちょうどいい高さで、ご覧になれるはずです。

ページトップへ戻る

次の記事はこちら→