HOME > スタッフのブログ

スタッフのブログ

三日月山

掲載日 2017年3月17日

園内を巡回していると、三日月山でサポーターさんたちが播種(はしゅ)作業をされていました。(1、2枚目の画像)

3枚目の画像にあるロール式播種機という、2輪車の中央に透明なケースが付いていて、そのケースの中に花の種を入れて土の上を転がすと、種が均等に蒔かれる機械を手で押して、三日月山を左右に行ったり来たりしていました。

私も初めて見た光景なのですが、こういう作業は当園のような特殊な場所じゃなきゃなかなかやる機会がないですよね。

面白そうだな〜と思いましたよ。

現在、三日月山の斜面は4枚目の画像のように段々畑になっています。

これは、雨が降った際に種や土が流れるのを防ぐことと、除草作業をする際の管理導線として、このような造成をしています。

この三日月山に蒔かれる種は、

・ヤグルマギク
・チドリソウ
・ハナビシソウ
・リナリア
・ニゲラ
・ポピー
・アグロステンマ

といったものです。

アグロステンマって聞き慣れない名前ですが、ナデシコ科の植物みたいですよ。

これらの花が一斉に咲いて見ごろを迎えるのは、5月下旬ごろとのことです。

バラの一番花が終わって、二番花を待つ間に楽しませてくれるのですね。

5枚目の画像は、2013年の三日月山の様子です。

今年は、どんな色に染まるのでしょうね。。。

本日、作業にあたってくださったサポーターの皆さん、ありがとうございました。

三日月山が一面のお花畑になったら、「私がやったんだわ、私が。。。」と感慨にふけりにいらしてくださいね。

そして除草作業の方もよろしくお願いします。(ペコリ)


。。。修



ページトップへ戻る