HOME > スタッフのブログ

スタッフのブログ

Summer beauty

掲載日 8月10日

こんにちは。

昨日の猛暑がウソのような曇り空。たまにパラつく霧雨がミストシャワーのように感じられるのは夏だからこそでしょうね。

そんな真夏にこそ輝く夏美人(ハンサム含む)を今日はご紹介。

最初は当園随一のハンサム。熱帯スイレン【キング・オブ・サイアム】
見事な八重咲きの青い花。王様の名にふさわしいと思いませんか。1998年にタイで作出され(最初は作者のお母様の名だったとか)国王の誕生日を記念して【シャロン・クワン】と名付けられました。アメリカへ紹介されるにあたり、【キング・オブ・サイアム】の名で流通され一般化されています。
印象的な美しさだけではなく、香りも良い品種で、晴天にも曇天にも際だっています。さすが王様。

次はカンナを2種。トロピカルなな装いで、強い日差しのもとでより輝きを増します。カンナの中では寒さにやや弱いので、冬に養生の必要がありますが、温暖化の気候の中これからますます人気者になるのでは。
赤銅色が【ダーバン】レモンイエローが【ベンガル・タイガー】です。ストライプが粋ですね。

葉の模様つながりで4番目はムクゲの斑入り品種を。【プルプレア・バリエガタス】で登録されていますが、‘ ブール・ド・フ ’名で流通しているのを見かけます。乳白色の斑入り葉と濃い臙脂色の花が印象的ですが、この花殆ど開きません(残念!)が、その立ち姿の美しさは見る価値充分です。

最後は再び、熱帯スイレン【レパーデス】花も青くて美しいですが葉の模様が個性的。豹(レパード)の女性名詞【レパーデス】すなわち女豹の名はこの模様から。中型品種なのでコンパクトで育て易く、鉢栽培に最適とか。

園内各所に(熱帯スイレンは願いの泉の横)花だけではなく葉の色模様でも夏を謳歌している植物がたくさんあります。散策がてらご覧にいらしてくださいね。


Salis




ページトップへ戻る