HOME > スタッフのブログ

スタッフのブログ

三日月山の宝物

掲載日 11月9日

こんにちは。

一雨降って、晴天に。北寄りの風ですが日向は気持ちがいいです。

11月に入って、植物たちの活動もスロウになっていき、園全体のんびりした雰囲気に満ちていて、そぞろ歩きにはもってこいです。

秋咲きのチューリップや寒咲きの菜の花も、名残りのバラも充分に楽しめるのですが、一見なにもなさそうに見える場所にも宝物が隠れていて、それを探しながら歩くのも楽しいですよ。
今日はそんな一角を訪ねてみました。

花菜ガーデンに入園されると正面、‘三日月山’と呼ばれるなだらかな丘が目に入ります。今は日当たりのよい茶色の地面だけに見えますが、そばによってご覧になると緑色の帯が(1枚目の写真)
来年の春に開花し、山いっぱいに広がる予定の花畑の草花の小さな芽の連なりです。色々な品種が蒔かれているのですが、先立って芽が出たものが(2枚目の写真)天狗のウチワような【笠葉ルピナス】と細葉の【ヤグルマギク】です。ルピナスは青紫色の花を、矢車草とも呼ばれるヤグルマギクは青を中心にピンク、白、濃い赤紫の花を咲かせます。
どちらも丈高く、大きくなるのですが最初はこんなにも小さくて華奢なのです。思わず‘頑張れ’と声をかけたくなります。

10月にガーデナーさん達が耕し、地を均し、ピートモスに種をくるんで丁寧に種まきをしました(3枚目の写真)
芽が出て、緑の色が現れた時、とてもうれしく、ホッとしたそうです。

来年の春が楽しみですね。

Salis

最後に今の咲いている宝石を。
花菜ガルテンのチューリップ。
見頃です!



ページトップへ戻る