HOME > スタッフのブログ

スタッフのブログ

サポーターさんの冬作業

掲載日 2017年12月21日

こんにちは。

朝は真っ白に凍りついた園内も、昼時には本来の緑の色を取り戻して、日向はぬくぬくと暖かそうです。

バラ園では、つるバラの剪定・誘引が順調に進んでいます。早朝は枝も凍てつき、曲げるのにバラにも人にも無理があるので、スタートは9時頃から。
昨年の古紐を解き、枝の伸長状態や手触りでバラの生育状態を(熱い夏や厳しい寒さや嵐に耐えたその労苦も)知り、来る春にいかにバラが伸びやかに気持ち良く育ってくれるかを思いやりながら黙々と行うこの作業が、私はとても好きです。

この作業の楽しさを是非、当園の頼もしい助っ人【サポーター】さんにも、味わっていただきたくて、バラのプロを毎年お招きして実地講習をしています。今年は15、16日の二日間、、鈴木満男氏を招いて行いました。
サポーターさんたちは鈴木氏の経験に裏打ちされた的確な指導と、ピリ辛のでも温かな語り口を楽しみながら、皆和気あいあいとご参加くださいました。今季もガーデナーの力強い味方になってくださっています。

サポーター制度にご参加くださると、実際の作業の他にも、このような現場実習や、多方面の専門家を招いての学習会や施設内のキッチン工房で料理を手作りしての交流会など盛りだくさんな内容があります。
人生経験豊かなサポーターさん達。その知識や技術において素晴らしいものをお持ちの方も多々あり、当園のバラの開花期間中の名物、バラのガイドの会もその中から、立ちあがったものです。

ボランティアでこれほどの貢献をしてくださるサポーターさんは、まさに花菜ガーデンの宝物です。私たちスタッフも心してそれに答えなくてはと思っています。
これからも どうぞよろしくお願いいたします。
そして、面白そうだなぁと思われた あなたもぜひご一緒に。

tami
 

写真。1,2枚目ははつるバラの剪定講習の様子。
3,4枚目は実際に選定していただいたバラの剪定前と剪定後の様子。



ページトップへ戻る