HOME > スタッフのブログ

スタッフのブログ

春の妖精〜ラナンキュラス〜

掲載日 2018年3月8日

こんにちは。

今日は一日雨で、できれば外出は避けたい寒さです。明日も雨模様の予報ですが気温は上がって暖かくなるようです。
もし「暖かなら 雨でも気分転換に散歩がてら出かけたいわ」と思い立たれたなら花菜ガーデンにお出かけください。

お天気なら園内は春の芽生えでいっぱいで見あきることはないのですが、雨でも大丈夫。展示室にも春が溢れていますから。
3月5日の月曜日から11日の日曜日まで『ラナンキュラス展』が開催されていて、室内いっぱいに春の花の色が満ちています。

‘ラナンキュラスって?’と思われるかもしれませんが、花を見れば‘ああ〜これだったのね’と思われるはず(園の入口の円形花壇にも植わっています)
学名Ranuncullus、キンポウゲ科キンポウゲ属。ranaはラテン語でカエルのことで、この仲間が湿地を好むことから来ているそうです。
春早く咲く球根(塊茎)植物でSpring ephemeral〜春の妖精〜の一員です。

展示されているのはその一品種R.asiaticusの園芸種たちで、陽に透けるパステルカラーの花弁は美しく、青々と茂る切れ込みのある葉も魅力的です。一重八重、切り花用、庭植え用、見たこともないような変異の種類まで多種多様です。

今回の展示はそのラナンキュラスの生い立ちから歴史、日本での品種改良の変遷、品種の紹介から、育成・管理のコツまでこれを見ればラナンキュラスのすべてがわかるようになっています。10日の土曜日には〜The学 ラナンキュラスを楽しもう〜の講座とラナンキュラスを使った春の寄せ植え講座もあり、10日11日には展示してある切り花や鉢花の販売も予定されています。今のうちに好みの花を見つけておくのもいいかと思います。

私は去年背の高い宿根性のラックス系を手に入れて庭に植えましたが、すでに元気な青々した葉が出てきていて、今年も花を楽しめそうです(^^♪

明日は小雨でありますように。お出かけついでに春の妖精に会いにきてくださいませ。

Tami

*講座と花の販売の詳細は【展示会情報】および【スクール情報】をお読みくださいね。



ページトップへ戻る