HOME > スタッフのブログ

スタッフのブログ

☆ 地上の星 ☆

掲載日 2018年8月4日

こんにちは。

8月最初の週末も快晴、変わらず夏らしい暑さです。昨夜、私の住む地域では10時過ぎに、雷雨(小一時間)があり眠りやすい夜になりました。
花菜ガーデンにも降ったかしら。。。と期待を込めて出社すると、残念!降雨の痕跡はなく、ガーデナーたちは灌水に追われていました。

でも、植物たちはしっかりと体に水分を吸い上げ、顔を上げてキラキラと夏の空を見上げています。
まるで青空に光る星のようです。

今日はそんな、地上の星たちをご紹介してみますね。

最初はキッズファームの【アサガオ】ヒルガオ科アサガオ属の一年草(宿根する仲間もいます)
担当ガーデナーが工夫して立てた竹の支柱にしっかりとからみついて伸びています。

種類は‘曜白’(ようはく)という白い覆輪が花弁の中央部(曜)まで伸びて白い筋が入るものです。

マルバアサガオとアフリカ系アサガオを掛け合わせたものに。日本のアサガオを交配して作られたもので、その血筋からか普通のアサガオよりずっと開花時間が長く、午後3時ごろまで開いています。

2つ目は触れん土ファームの【ナス】の花。陽に透かしてみると、細かな葉脈が見えて美しいです。

3つ目はキッズファームの垣根に咲く【ルコウソウ】です。赤い星が明るい緑のネット(のような葉)の上で揺れています。

4つ目はキッチン菜園の【チコリ】細い茎に連なって咲く青い花はまるで彗星(ほうきぼし)のようですね。

最後は星ではなく、星に住む生命体!?触れあうとテレパスで話ができそう。
これは【花ハス】のまだ未熟な実です。愛嬌があるでしょ。
 
他にもたくさん、星に見える植物があるので、機会があったら、探してみてくださいね。

Salis





ページトップへ戻る