HOME > スタッフのブログ

スタッフのブログ

この芽なんの芽?

掲載日 2019年2月9日

こんにちは。

‘雪が降るよー’と昨夜からの天気予報だったので、身構えていたら降らず、曇り空のままでホッとしたのもつかのま、今になって白いものが落ちてきました。

やさしい雨に変わって、積もらずにいてくれるといいですね。今からだと凍ってしまいそうなので。

3連休の初日、お出かけには残念なお天気ですが、花菜ガーデンの植物たちはちゃーんと成長しているようですよ。

ずいぶんと色々な球根たちの芽が出てきているので、ご紹介しますね。

最初は春の球根の花といえば、この花ですかしら。咲いた〜咲いた〜【チューリップ】の芽。

2番目はこのとんがった葉っぱが特徴です。【アイリス】の芽。

3番目は存在感充分。いったいどんな花が。。。ネギ坊主の仲間【アリュウム】の芽(A.シューベルティのようです。アリュウムの中でも特徴的な花が咲くのでお楽しみに)

4番目は早春の定番。形や色も多種多様です。写真はラッパ型かな。【スイセン】の芽。

最後はちょっと当てるのは難しいかも。。。スイセンじゃないの?と思われるかもしれませんね。同じヒガンバナ科。【リコリス】の出葉。これはL.インカルナタ。ヒガンバナの仲間のリコリスは花後(主に秋〜冬)に葉が出るものが多いのですが、インカルナタは早春に葉が出ます。

園内のどこに球根たちがいるのか、お散歩がてら探してみてください。

Salis





ページトップへ戻る